サムライインキュベートの特徴・評判・投資先実績を独自取材

サムライインキュベートの特徴・評判・投資先実績を独自取材


日本国内やイスラエル・アフリカでシード~アーリーステージのスタートアップに出資するサムライインキュベートの特徴・投資先実績・投資判断のフローを解説します。


投資テーマや投資スタイル、組織体制などを独自取材しました!

(作成:StartupList編集部 最終更新:2022/3/30)






サムライインキュベートの概要


設立

2008年4月

所在地

東京都港区

ファンド規模

累計68億円 

ファンド本数

8本

ファンドの特徴

・日本、イスラエル、アフリカで投資活動を行う

・創業前後のスタートアップを中心に投資活動を行う

投資ラウンド

Pre-Seed~シリーズA

バリュエーションレンジ

案件に応じて柔軟に対応

投資金額

500万~2億

リード投資

積極的にリード投資を行う

海外投資

積極的に海外投資を行う

タイプ

VC

投資スタイル

ハンズオン

支援内容

・週1程度定例MTG
・事業の仮説検証やファイナンスの支援・創業前・プレシード段階からの事業案づくりの壁打ち

・経営者本人へのメンタリング

・(必要に応じて)専門家の紹介

投資テーマ

エンタメ、コマース、ヘルスケア、物流、一次産業領域等ジャンル問わず幅広く投資

その他

・中四国地域での起業を支援するプラットフォーム「中四国Startup Runaway

・短期集中型の事業創出・資金調達支援プログラム「The First Movers」

会社HP

https://www.samurai-incubate.asia/


サムライインキュベートの組織体制

代表1名、パートナー1名と投資担当3名を中心に、投資検討等を実行しています。



榊原 健太郎 代表取締役
1974年、名古屋生まれ。関西大学社会学部卒業後、大手医療機器メーカーや創業期のアクシブドットコム(現 VOYAGE GROUP)での営業統括等を経て、2008年にサムライインキュベートを設立。

「できるできないでなく、やるかやらないかで世界を変える」をミッションに創業期の起業家から出資・成長支援を行い、日本だけでなくイスラエル、アフリカにも進出。日経産業新聞の寄稿や業界イベントにおいて多くの講演・審査員も行う。著書に「20代の起業論」がある。


會 義貴 Partner

2008年、デロイトトーマツコンサルティングに入社。その後L.E.K. Consultingを経て、2014年から産業革新機構に入社。2017年にSB Investment Advisers (SoftBank Vision Fund) に入社しアジア地域の投資を担当した後、2021年より現職。これまで国内外の多数のスタートアップへの投資、支援に携わる。



坪田 拓也 Investment Manager

1989年大阪府出身、京都大学卒業。2014年よりオプトにてWebマーケティングや新規商材企画を経験後、グループ会社のオプトインキュベートにてtoCサービスの企画〜運営における事業責任者や複数事業のインキュベーション業務を経験。2017年にサムライインキュベートに入社。大手企業の新規事業立ち上げ支援に従事後、Investment Groupにて既存投資先の事業支援やスタートアップへの新規投資を担う。また、ファンド出資企業とスタートアップのシナジーを生む支援活動も行う。



平田 拓己 Investment Manager

高校時代から株式投資をスタートし、大学在学中に200社以上の上場企業決算をまとめるサイトを立ち上げ運営。VCに興味を持ち、2017年にサムライインキュベートへインターンとしてジョイン。甲南大学経営学部を卒業後に社員として入社し、新規投資やファンドレイズをメインに従事。その後、キャピタリストとして創業期スタートアップへの新規・追加投資と投資先企業の成長支援に軸足をおきながら、オープンイノベーションファンド出資大手企業とスタートアップのシナジーを生む支援活動も行う。



齋藤 武仁 Capitalist

1996年東京都出身、慶應義塾大学卒業。学生時代は、toB向けフードデリバリースタートアップにて、新規事業の立ち上げを3年間経験し、立案からグロースまで包括的に尽力する。その後新卒で三井住友銀行に入行し、デットファイナンス等の法人営業を担当。2020年3月よりサムライインキュベートに参画。事業経験を活かし、主に既存投資先のハンズオン支援や新規投資に従事する。


サムライインキュベートの投資判断のフロー




審査プロセス

審査プロセスは以下のフローになります。


 ①初回面談
    ②投資委員会メンバーへのプレゼン

 ③投資委員会

審査には、3週間〜2ヶ月ほどかかります。


初回面談に必要な書類

審査には以下の書類が必要です。


  • 事業案を記載したPitch Deck


その他、会社の状況に応じて依頼します。


投資判断における審査ポイント

重視する点は以下です。


  • 市場のポテンシャル・取り組む課題やニーズの大きさ

  • ファウンダーマーケットフィット

  • 経営者の志 など


これらを総合的に判断して、審査します。


マッチしにくい/相性の良くない会社や起業家

こんな会社や起業家には投資しにくい、というポイントについて伺いました。


  • (柔軟に変化していくことは必要ではあるが)あまりに軸や志がない方

エンジェル投資家の探し方については下記にまとめましたので、興味がある場合はご一読ください。

関連記事:エンジェル投資家とは?出資の受け方、知っておくべき裏の顔 関連記事:エンジェル投資家とマッチングするには?おすすめ方法4選と落とし穴


短期集中型の事業創出・資金調達支援プログラム「The First Movers」とは




サムライインキュベートでは、約4ヶ月間「事業創出」と「資金調達」を支援するプログラム「The First Movers」を運営しています。

事業立ち上げにキャピタリストが徹底的に支援することや、採択と同時に最大500万円の出資オファーがあることも特徴です。


サムライインキュベートの投資先


これまでに220社以上のスタートアップ企業に投資しています。(2022/3/8時点


代表的な投資先企業:株式会社エアークローゼット



画像出典元:会社HP https://www.air-closet.com/


【事業概要】女性向けの月額制ファッションレンタル『airCloset(エアークローゼット)』をメインとするプロのスタイリストによるパーソナルスタイリングサービスの提供

【会社HP】https://www.air-closet.com/

【投資への経緯】仕事や育児など日々忙しくもおしゃれでいたいという女性の課題を解決するプロダクトであることや、経営チームによるアイデア創出の数と質、アイデア創出後スピーディに仮説検証に進む姿から、チームのポテンシャルを感じたため投資しました。


代表的な投資先企業:MyDearest株式会社



画像出典元:会社HP https://mydearestvr.com/


【事業概要】「クロノスユニバース」を中心とした「オリジナルIP×VRゲーム×コミュニティ」をグローバルに展開

【会社HP】https://mydearestvr.com/

【投資への経緯】VRという新たな技術に対する深い理解だけに留まらず、これまでオリジナルIPを生み出してきたエンタメ企業や歴史への知見、ファン心理への洞察から圧倒的に解像度の高い未来仮説を持っていたため投資しました。


代表的な投資先企業:株式会社Lean on Me



画像出典元:会社HP ​​https://leanonme.co.jp/


【事業概要】障がい福祉専用 eラーニング研修「Special Learning」の提供

【会社HP】https://leanonme.co.jp/

【投資への経緯】未解決の課題が多く残っていながらも業界や現場への解像度の高い理解がソリューション開発に必要な領域である中、自身の経験や人柄で業界を巻き込みながら事業推進を行う代表の志村さんなら必ず成し遂げられると確信したため投資しました。


まとめ


サムライインキュベートの特徴は、創業前後を中心とするスタートアップへの投資と徹底的なハンズオン支援です。チーム全体で投資先企業の支援を行い、大企業とのオープンイノベーション支援にも積極的です。日本国内だけではなく、イスラエル・アフリカと海外での投資活動も行っています。興味のある方はぜひ、ご連絡してみてください。

※概要欄に連絡先を記載しております。


関連記事:VC一覧!シード向けや独立系ベンチャーキャピタルも紹介

自社に合ったVC・投資家を効率的に見つけませんか?

StartupListでは、投資家の投資レンジや評価基準、過去の経歴等から
自社に合った投資家を検索可能。
StartupList上で、見つけた投資家とそのままコンタクトをとることもできます。
現在、登録済のベンチャー企業は8,500社以上、投資家数は3700名以上。


画像出典元:unsplash