IDATEN Venturesの特徴・投資先実績・投資判断のフローを徹底解説

IDATEN Venturesの特徴・投資先実績・投資判断のフローを徹底解説

技術への理解があり、創業期におけるオールラウンドのサポートが強みのIDATEN Venturesの特徴・投資先実績・投資判断のフローを解説します。




IDATEN Venturesの概要


設立

2017年10月10日

ファンド規模

10億円

ファンドの特徴

技術への理解があり、創業期におけるオールラウンドのサポートが強み

投資ラウンド

Angel・Seed

バリュエーションレンジ

~3億円まで

投資金額

~5000万円まで

リード投資

積極的にリード投資をする

海外投資

案件によっては投資もする

タイプ

VC

投資スタイル

ハンズイフ

投資テーマ

製造業や物流業といったリアル産業をアップグレードするB2B技術・サービス、リアルとデジタルの融合促進技術・サービス

地域性

その他

起業初心者からの相談歓迎

学生起業家・若手起業家からの相談歓迎

研究者からの相談歓迎

社会人からの相談歓迎

足が速い人歓迎(笑)

会社HP

https://www.idaten.vc/

連絡先(StartupList)

※StartupListへログイン必須

足立さん


IDATEN Venturesの組織体制

現在はまだ1名で運営しています。大学院で物理を修めた後、リクルート、KPMG、デジタルガレージを経て、スタートアップを経営した後、ベンチャーキャピタリストをしています。スタートアップから大企業、営業からファイナンスまで、幅広い経験から、特に創業期におけるオールラウンドな支援が強み。



足立 健太 Kenta ADACHI

代表パートナー Representative Partner


祖父・父と続いて科学技術庁長官賞を受賞したエンジニア一家に生まれる。自身も「科学技術の力で世界をよくしたい」と、幼い頃から科学の道を進み、大学・大学院では物理学を修めた。


見識を拡げるため、大学院在学中にスタートアップ企業の役員を務めた後、事業会社やアドバイザリファームで、飛び込み営業から商品企画・経営企画、グローバルM&AやIPOなど、幅広く担当。数々の知識経験を積んだ上で、再びスタートアップを経営した後に、当初からの想いである「科学技術の力で世界をよくしたい」をベースに、これまで培った科学技術・事業開発・ファイナンス・スタートアップ経営の知識経験をミックスして、科学技術に寄り添ったベンチャーキャピタリストとして活動している。


Plug and Play Japan、けいはんなリサーチコンプレックス、みずほ銀行主催M'sサロン等のメンターも担当し、積極的にスタートアップエコシステムをけん引している。


短距離走の現役選手でもあることから、足が速い神様「韋駄天」の名前をファンド名として授かっている。また、子どもたちにとって「足が速い」ことは自信につながり、人生に大きなインパクトを与えるのではないかと考え、週末はボランディアで子ども向け陸上教室のコーチも務め、その方面からも世界への貢献を目指している。


理学修士(物理学)


IDATEN Venturesの投資判断のフロー

審査プロセス

審査プロセスは以下のフローになります。


審査開始から投資実行まで、短いと2週間といったケースもありますが、クライアントあるいはクライアント候補へのインタビュー等、レファレンスミーティングを必須としておりますため、そのスケジューリングによるところもあります。


審査に必要な書類

審査には以下の書類が必要です。

  • 登記簿謄本

  • 定款

  • 株主名簿・新株予約権原簿

  • 創業者間契約

  • 財務諸表

  • 事業計画書

  • 資本政策 等


それらを拝見した上で、さらに質問や資料開示をお願いすることがあります。事業計画については、創業期にあっては細かい数字というより、ストーリーが分かるものを重視しています。


投資判断における審査ポイント

重視する点は「投資領域に合致していること」。その上で以下のポイントを重視。


  •  解決しようとしている課題等がメガトレンドに矛盾しないこと

  • 長期的な競争力につながりうるユニークネス(技術など)を有していること

  • そのユニークネスを事業化する事業開発力があること


ソフト面では、やはり相性というものが大切かと思っているので、お互いが「一緒に働きたい」と思えるかどうかを重視しています。


IDATEN Venturesの投資先



以上のスタートアップなどに投資しています。


代表的な投資先企業:エクサウィザーズ


画像出典元:会社HP https://exawizards.com


【事業概要】AIを利活用したサービス開発による産業革新と社会課題の解決

【資金調達の近況】2019年7月にシリーズBで総額約15.8億円の資金を調達

【会社HP】https://exawizards.com


代表的な投資先企業:QuantumCore


画像出典元:会社HP https://www.qcore.co.jp/


【事業概要】「少量データ」で「リアルタイム学習」を「高精度」に実現する機械学習レザバーコンピューティングを活用したソリューション開発

【資金調達の近況】2018年11月にIDATEN Venturesを中心に実施したシード資金調達を行い、2019年7月にJAFCOと共同で追加出資(シリーズA約1.6億円)。

【会社HP】https://www.qcore.co.jp/


代表的な投資先企業:Nyriad


画像出典元:会社HP https://www.nyriad.com/


【事業概要】GPUを活用した高速・大容量ストレージシステム開発

【資金調達の近況】2018年2月にシリーズAの資金調達実施

【会社HP】https://www.nyriad.com/


その他投資先企業

  • NejiLaw(絶対に緩まないネジ)

  • シマント(マルチバリューデータベース)

  • 情報システム総研(次世代基幹系システム)

  • TRINUS(新商品創発プラットフォーム)

  • エアロディベロップジャパン(大型長距離ドローン向けハイブリッドエンジン)

  • DeepValley(アパレル生産支援SaaS)

  • riven(3Dスキャニングシステム)

  • Sabrewing Aircraft(超大型ドローン)

  • Visual Factories(工場機械稼働率改善システム)

  • Anifie(オンラインコンサートツール)


まとめ

IDATEN Venturesの特徴は、製造業や物流業といったリアル産業を中心に技術を理解し、創業期をオールラウンドに支援することです。がっつり技術系のスタートアップにも多く投資もしています。興味のある方はぜひご連絡してみてください。

※概要欄に連絡先を記載しております。


なお、本記事は国内最大級の起業家・投資家・事業会社のマッチングサービス「スタートアップリスト(Startup List)」が提供しております。資金調達や事業連携先をみつけたいスタートアップはぜひご活用ください。

https://www.startuplist.jp/